子供乾燥肌の特徴と原因

子供の乾燥肌の特徴と原因

子供乾燥肌の原因は、空気の乾燥や気温の低下、夏にできたあせも、アトピーなどのアレルギーがあります。

 

子供は、目に見える汗をかかなくても常に新陳代謝が活発なため、毎日汗をかいています。

 

夏には、さらに汗をかくため、肌の環境が悪くなっています。汗が蒸発することで、肌に大切なバリア機能も失われるため、そのままにしておくことで子供乾燥肌となります。

 

子供乾燥肌の特徴として、見た目ですぐにわかるほどカサカサに乾いている状態が最初です。そこから粉を吹くようになります。

 

子供は、普段がみずみずしい肌のためすぐに分かります。

 

 

スキンケアを怠っていると肌が常にカサカサし、かゆみがでてしまい、乱暴にかいてしまうことがあります。放置することで、肌のバリア機能は低下し、傷からバイ菌が入ることでより悪化していきます。そのため、乾燥している様子が見られた場合には、すぐに対処する必要があります。

 

保湿する際には、汚れを落としてから塗るようにします。ただし、クリームを塗ることで、湿疹が出る場合があります。低刺激のクリームでもひどくなる場合には、医師に相談する必要があります。

 

湿疹がでたり、傷になっている場合は、重症化しているため、早めに皮膚科を受診します。




当サイトのトップページではロべクチンの効果や特徴・口コミなどを解説しています。
またロべクチンのお得な購入方法も紹介しています。
ロべクチンの詳細はサイトトップページをご覧ください。

ロべクチン

page top