アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは、天然の色素のことです。「海のリコピン」と呼ばれるほど海産物に多く含まれている色素で、鮭やいくら、カニ、エビなどにアスタキサンチンが含まれています。

 

 

加熱することでたんぱく質とアスタキサンチンが分離して赤くなるため、魚の赤身など元から赤い海産物にはアスタキサンチンは含まれていません。

 

 

効果や効能はたくさんありますが、一番注目されているのは抗酸化力です。

 

体内に取り込まれて使用されなかった酸素や、紫外線に当たった時に出来る活性酸素の働きを抑えてくれるのです。

 

アスタキサンチンは抗酸化力が強く、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEの約500倍の抗酸化力があるのです。

 

 

活性酸素は血管を弱くしたり、ガンや生活習慣病になるリスクを増やします。「活性酸素で身体が錆びる」と言われることがありますが、活性酸素が多くあることで身体は老化していくのです。

 

 

そのため、アスタキサンチンはアンチエイジングでも注目の成分で、化粧水やクリームにも配合されてロべクチンにも配合されています。

 

サプリメントとしても多くの商品が販売されていて、ダイエットや目の疲れなど、多くの効果があると言われています。

 

過剰摂取による副作用についても、現在のところほとんどないと言われています。

 

ロべクチンの成分

 

 




当サイトのトップページではロべクチンの効果や特徴・口コミなどを解説しています。
またロべクチンのお得な購入方法も紹介しています。
ロべクチンの詳細はサイトトップページをご覧ください。

ロべクチン

page top