たくさんある保湿クリーム選ぶポイントは

たくさんある保湿クリーム選ぶポイントは

保湿クリームを選ぶポイントとして、まずはセラミドを含んでいるかを確認します。

 

セラミドは肌の一番表面にある角質層に元々ある角質細胞間脂質の約40%程を占め、角質層の細胞同士を結びつけ水分を保持する効果があり肌のバリア機能の役割をしています。

 

そのためセラミドが入った保湿クリームを使用してあげると、皮膚からの水分の蒸発を防ぎつつ外からの刺激からも肌を守って潤いのある肌が可能になります。

 

セラミドは加齢やターンオーバーの乱れから減少してしまうので、保湿クリームとして補ってあげる事が最適です。

 

その他保湿クリームを選ぶポイントとしては、真皮に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがあり、奥にある真皮には届きませんが高い保湿効果で角質層に潤いを与えてくれます。

 

またセラミド程の保湿力はありませんが、角質層にある天然保湿因子も保湿成分として使用される事があります。

 

キノコや海藻類に含まれる糖質のひとつであるトレハロースも、高い保湿力があります。

 

またペントナイトという天然鉱物は吸水性が高く、単独では保湿効果はないのですがセラミドなどの保湿成分と混ぜる事によって、高い肌バリアで保湿してくれます。保湿クリームには効果が高い成分が色々ありますので、使用感で選んでみるのもおすすめです。




当サイトのトップページではロべクチンの効果や特徴・口コミなどを解説しています。
またロべクチンのお得な購入方法も紹介しています。
ロべクチンの詳細はサイトトップページをご覧ください。

ロべクチン

page top