ロベクチン

MENU

世界売上本数100万本突破の保湿クリームのロベクチンが日本初上陸!!

しみ・くすみ・たるみ・肌の輝き不足・敏感肌の原因になる乾燥トラブル肌を優しく潤す超低刺激の高保湿クリーム【ロベクチン】を通販で買うならコチラです。

 

ロベクチン,保湿クリーム,敏感肌

 

ロベクチン,保湿クリーム,敏感肌

ロべクチンはすでに海外では美容・コスメ・ファッション雑誌やウェディング情報雑誌でも多数紹介されている『お肌にとても優しい保湿クリーム』が販売されました。

 

敏感肌で、今までいろいろな商品を試したけど合うものがなかった
乾燥による肌トラブルでずっと悩んでる
1年中乾燥肌に悩んでいる
子供にも使える低刺激の保湿クリームを探している

 

ロベクチンはこんな悩みをお持ちの方におすすめの保湿クリームです。

ロベクチンが敏感肌・乾燥肌の方に選ばれる理由は

天然美容保湿成分15種類を厳選して配合

ロべクチンは最近注目されているコエンザイムQ10の1,000倍といわれるうるおい美肌パワーを持つアスタキサンチン、セラミド、スクワランなど、天然美容保湿成分を贅沢に15種類配合しています。

肌に優しい原材料を使用し皮膚刺激物は一切使用していない

ロべクチンは発がん性物質・パラベン・石油系界面活性剤・人工香料・アルコール系溶媒、環境ホルモン、コメドジェニック成分、石油ベース成分、着色料、ホルムアルデヒド系防腐剤など接触性皮膚炎を引き起こす可能性がある物質、アレルゲン、農薬成分を含んでいません。
だから乳幼児を含む全年齢の人が毎日安心して使用できます。

塗った後のべたつきなし!!すぐに吸収、潤いを継続できる

保湿することで、逆にベタつきに対してストレスを感じることがありますがロベクチンはそのようなことがないように、独自のシルキーシールドベースにより、ベタつかない滑らかさを肌に与え、しっかり保湿されながらもスベスベ感が体験できます。

ロベクチンは塗った後のべたつきなしすぐに吸収、潤いを継続できる

 

低刺激・超高保湿 ロベクチン プレミアム ボディローションの成分

低刺激・超高保湿 ロベクチン プレミアム ボディローション

水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、シクロペンタシロキサン、ヘキシレングリコール、ナイアシンアミド、ペンチレングリコール、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、水添ポリデセン、アラントイン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、エチルヘキシルグリセリン、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、セラミドNP、トコフェロール、ダイズステロール、セテアリルメチコン、リノール酸、リン脂質、ヒドロキシエチルセルロース、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、サフラワー油、オリーブ果実油、アボカド油、アーモンド油、ヒマシ油、クエン酸、ウンデシレン酸グリセリル、トリデセス−10

低刺激・超高保湿 ロベクチン プレミアム クリームの成分

低刺激・超高保湿 ロベクチン プレミアム クリーム

水、グリセリン、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、シア脂、サフラワー油、ヒマシ油、シクロペンタシロキサン、ヘキシレングリコール、ペンチレングリコール、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、セテアリルメチコン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、アーモンド油、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、セラミドNP、アラントイン、ヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、ナイアシンアミド、トコフェロール、アボカド油、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、トリデセス−10、ダイズステロール、リノール酸、リン脂質、水添ポリデセン、ウンデシレン酸グリセリル

ロベクチンはグリッターに掲載!!

人気雑誌『GLITTER-グリッター-』の2015年10月号の企画、「憧れのミランダ・ボディの作り方」というミランダ・カー企画にロベクチンは掲載されました。

『GLITTER-グリッター-』の2015年10月号の企画、「憧れのミランダ・ボディの作り方」

ロべクチンは雑誌グリッターでもオススメしている日本でも注目の高い保湿力のクリームです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ロべクチンはテレビでも紹介!!

雑誌でも紹介されているロべクチンですがテレビでも紹介されています。商品の説明もわかりやすく紹介されていますよ。ロべクチンについて詳しく知りたい方は動画をご覧くださいね。

 

ロベクチン,保湿クリーム,敏感肌

そもそも乾燥肌とは

乾燥肌の原因は、間違ったスキンケアや食生活、生活習慣などによって肌の保湿能力が弱まり、乾燥肌になります。

 

間違ったスキンケアが原因の場合は、摩擦や間違ったクレンジング、洗顔、紫外線などにより、皮膚がダメージを受けることで、角質細胞の増殖スピードが速まります。しかし、作られた角質層は未熟なため、十分なバリア機能を発揮することができず、間違ったスキンケアを重ねることで、肌がダメージを受け続け、保湿能力の低い未熟な角質層のままです。

 

乾燥肌について

 

保湿方法としては、まず間違ったクレンジングや洗顔をやめることです。やめることで、肌が細胞間脂質や天然保湿成分の回復を邪魔せずにすみます。
また、細胞間脂質や天然保湿性分の生成力が衰えている場合には、不足している成分を補う保湿方法もあります。

 

細胞間脂質の主要成分であるセラミドや天然保湿成分の主要成分であるアミノ酸などの不足している成分自体を補う方法や生成力を高める効果が期待できる成分を補うことです。自分の肌に不足しているものを把握し、どのように補うかを考えることが保湿剤を選ぶ際に重要なポイントになります。

 

乾燥肌は、バリア機能が低下した状態のため、なるべく使用する基礎化粧品の種類は少なく、シンプルなケアを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たいてい今頃になると、ロべクチンの司会者についてロべクチンにのぼるようになります。ロべクチンの人とか話題になっている人がロべクチンを務めることになりますが、ロべクチンによっては仕切りがうまくない場合もあるので、ロべクチンなりの苦労がありそうです。近頃では、ロべクチンから選ばれるのが定番でしたから、ロべクチンというのも隠し玉的で意外性があっていいかもしれません。ロべクチンは視聴率が低下して色々頑張っているようですが、ロべクチンが退屈しないための秘策というのをもっと練ったほうがいいですね